シアリスとジェネリック薬の効果を比較

効果持続時間と副作用を体験

2002年に販売から開始されてから現在までに100ヶ国以上、1,000万人以上が使用しているイーライリリー社が製造販売しているシアリス。人気が高まるにつれてインドの製薬会社などもシアリスと同じ有効成分タダラフィルを配合したジェネリック医薬品を製造しています。日本にもシアリスジェネリックのタダリスやタダシップ、メガリスなどが流通しており、コストをかけずに気軽にED治療をしたい男性が多く利用しています。

ただ、成分が同じでも製造方法が先発品と異なるインド製ジェネリック医薬品を使うのは不安があるという方もまだまだいるのは事実のようです。それで、ここでは世界シェアNo.1のED薬シアリスとジェネリックの効果持続時間と副作用を体験して比較してみました。実際どれほどの違いがあるのか効果の持続時間や副作用などを具体的に報告していきたいと思います。体験してみたのは先発品のシアリスとインド製ジェネリック医薬品のタダリス・タダシップ・メガリスです。

ジェネリックの効果持続時間と副作用を体験して比較した結果は?

先発ED薬のシアリスとインド製ジェネリックの効果持続時間と副作用を体験して比較してみた結果、意外にも先発品とジェネリックには大きな差はありませんでした。この結果はシアリスの有効成分であるタダラフィルをジェネリックも配合しているために当然の結果と言えばそうなのかもしれませんが、改めてインド製ジェネリックのクオリティの高さを感じました。効果の持続時間も10mgでは24時間、20mgでは36時間ほど作用します。また「顔のほてり」や「目の充血」「頭痛」といった副作用が少ないという点も先発品とジェネリックの間に大きな差は感じませんでした。

ネットの口コミではジェネリックよりも先発品の方が副作用の現れ方がマイルドな気がするという意見もありますが、タダリスやタダシップを使ったときに副作用がきつかったという感覚はありませんでした。体質やその時の体調によって薬の作用の仕方に多少差が出ることもありますので、先発ED薬のシアリスとインド製ジェネリックの効果持続時間と副作用を体験して比較してみた者の意見としては、タダリス・タダシップ・メガリスはいずれも許容範囲の中に入っているという感覚です。

先発ED薬のシアリスとインド製ジェネリックの効果持続時間と副作用を体験して比較してきましたが、忘れてはならない要素が1錠当たりの薬価です。先発品のシアリスは10mg/1錠が1,700円、20mg/1錠が2,000円しますが、タダリス・タダシップ・メガリスといったインド製シアリスジェネリックは先発品の1/10程度の値段で購入することができます。先発品と比較して効果持続時間と副作用で大きな差異がないにもかかわらず、薬価が圧倒的に安いジェネリックはやはり魅力的です。

個人的には、先発ED薬のシアリスとインド製ジェネリックの効果持続時間と副作用を体験して比較した結果、ジェネリックの方がおすすめできると思います。ただ、実際に使用してみないと分からない感覚というものがあると思いますので、ジェネリックが少し気になる方は積極的に試してみることをお勧めします。ジェネリックは先発品1/10程度で購入することができますので、タダリス・タダシップ・メガリスといった代表的なところを気軽に試してみてください。先発品と比較してもコスパの高いシアリスジェネリックがおすすめ!

海外医薬品通販サイトはここへ